化粧水を変えるだけでしつこいニキビが消える

それぞれの特徴を把握

基礎化粧品

ニキビ跡はその原因や性質によって大きく二つの種類に分かれます。色素沈着型の場合にはターンオーバーを促進し、メラニンや炎症を停滞させないようなケアが必要です。一方肌が固くなって起こる凹凸型の場合には、ハリを与えるような成分が配合されている化粧水を使うのが効果的です。

嫌な黒ニキビの予防方法

婦人

保湿方法を見直そう

スベスベの綺麗な肌を手に入れるために保湿をすることは非常に大切です。毎日基礎化粧品を使って肌に潤いを与えるように努力している人も多いでしょう。しかし、保湿をしっかり丁寧にしているのに肌に黒ニキビができてしまったという方は、保湿の方法を見直してみましょう。洗顔方法や皮脂の過剰など黒ニキビの原因には様々なものがありますが、その一つに油分の多いスキンケアをしてしまっていることが挙げられます。肌に水分を保つために、乳液やクリームなどを入念に重ね塗りしていることが原因です。これらの成分は油分からできているので、毛穴に詰まって皮脂が酸化してしまうと黒ニキビができてしまいます。肌に水分を与えるためには、まずはたっぷりと化粧水を使うことが大切です。黒ニキビに刺激を与えないように化粧水をつけていきましょう。肌の奥が乾燥していると皮脂が分泌されてしまうので、化粧水で保水することで皮脂の分泌を抑えることができます。そして、化粧水でしっかりと保水をした上で、その水分が蒸発して失われてしまわないように乳液やクリームを適度に塗りましょう。乳液やクリームを使うことで、肌を保護することができます。塗りすぎてしまうと毛穴が詰まって黒ニキビができてしまうので、どんなに良い乳液やクリームの場合でも使う量には要注意です。ただし、乾燥肌の方にはしっかり油分を与えることが大切なので、自分の肌質を考慮してお手入れ方法を変えていきましょう。

大人のニキビに対処しよう

鏡を見る人

大人ニキビができてしまったら、まずは白や黒の初期段階の状態で専用の化粧水などを利用して治すようにしましょう。化粧水には保湿成分も含まれているので、肌を良い状態に保てます。スキンケアを行うことで、初期に行動することが大切です。

ニキビ予防の基本

コットン

ニキビを防いでいくには化粧水の成分に注意し、食生活にも気をつけていければ大丈夫です。肌には、脂分はある程度必要ですが多すぎるのは問題なのと、乾燥も抑えていければニキビは防げるし、治すこともできるでしょう。