化粧水を変えるだけでしつこいニキビが消える

  1. ホーム
  2. それぞれの特徴を把握

それぞれの特徴を把握

基礎化粧品

原因に応じたケアをしよう

炎症の度合いが酷かったり同じ場所に繰り返し出来ていたりする場合、ニキビが治っても跡が残ってしまうことがあります。外見上も目立ってしまうこの跡を少しでも早く治すには、種類によって異なる特徴や対処法を予め知っておかなくてはなりません。ニキビ跡は大別すると色素沈着型と凹凸型とに分かれています。赤みや茶色いシミが残る色素沈着型の原因はニキビの炎症やメラニンの過剰生成です。赤みの段階であれば肌を健全な状態に戻し、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝がスムーズに行われるようにすることで大幅な改善が見込めます。保湿並びにターンオーバーの促進効果のある成分が配合されている化粧水で、肌をやさしくいたわってあげると効果的です。茶色いシミはメラニンの影響によるものなので、上記のケアに加えて紫外線対策も万全にする必要があります。化粧水も美白成分が含まれているものを使い、シミの元となるメラニンの生成を抑えるようにしてください。色素沈着型と比べるとやや治りづらい傾向にあるのが凹凸型です。しかしこちらも適切にケアをすれば少しずつ目立たなくさせることができますので、悲観することはありません。凹凸が生じる主な原因はコラーゲン不足による肌の硬化です。このタイプのニキビ跡には、肌に弾力と柔軟性を与える作用を持つ成分を含む化粧水を使うと良いでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸等がそれに当たります。いずれの場合も根気よくお手入れを続けていくことが大切です。効果を実感できる化粧水を用いて継続的にケアを行うようにしましょう。